[1]障害対策

投稿日:2009年10月25日 | カテゴリ: 障害対策

豊かな実りは自然の土壌から
障害対策

『自然環境農法』の健康な土づくりから

障害の改善・軽減を図り作物の健全生育を促し、多収量と高品質による安定経営

現在の農作物栽培に於いて、幾多の障害と直面しているのは栽培者であれば誰もが、経験しているのではと思われます。

[2]障害の改善・軽減

投稿日:2009年10月25日 | カテゴリ: 障害対策

さて、前項の通りどの障害に合っても、作物は健全生育を阻害され、収量・品質の低下を招くなど、その対策による農薬等の経費増大、更には栽培様式改善等による設備費など、いずれも経営を圧迫する要因になってしまいます。
これらの障害をどの様に改善・軽減していくか、安定した栽培を可能にし、健全栽培を継続して行くには、目先だけの代替療法でなく、発生要因を根源から改良(健康な土づくり)・改善して行くべきではないのでしょうか。
 
障害が起きれば、困るのは誰ですか、誰のせいですか、最後に困るのは、栽培者自身なのでは無いでしょうか。

  • 病気が発生すれば農薬に頼り
  • 害虫が発生すれば農薬で退治すれば簡単だし
  • 土壌が痛み障害が出れば農薬で消毒する

こうして、解決策を講じて来た事を、収量が減るから、仕方ないから、みんなそうしているからでは無く、根源から改善・軽減する手立てを探求すべきなのです。

真剣に取組みしている方は、みんなが食べる物だから、安全で栄養価の高い物を提供しなくてはと、常に研究と努力を重ね、立派な栽培を営んでいる生産者です。

≪人間は食する動物であり、健康の根源は、すべて食からです≫

小生は、職業柄、全国の多くの生産地を訪れ自然環境農法の指導と普及を兼ね、生産者と接し、農業の現状を聴いたり、見たりと、現場の状況を通じて勉強して参りました。

そんな中で一番感じる事は。

◎ 立派な農業人の方は意識改革が進んでいる事。
◎ いつも笑顔と自信に満ちている事。
◎ 家族の統一が図られている事。
◎ 農業は何年経験しても、一年生ですよと謙遜である事。
◎ 作物に対しての観察心を持ち、研究心に満ちている事。

こころ和む事は
ついつい会話が弾んでしまい、談義に花咲く方は、どの地域を訪問しても必ず何人かは居るのです。

立派に栽培をしている方。
この様な方々は農薬等に頼らず慣行例に拘らず、自らの探求心で常に土づくりが大切と土壌を労わる、考えを持ち合わせております。


ついつい時間を忘れ会話の弾む時。
健康な土づくりの意味を理解して頂き、率直にそうだよな~と実感し、実践して下さる栽培者との談議。
 

次頁から、トーマスくんによる 自然環境農法
で、障害改善・軽減する為の、健康な土づくりの生態系の論理と腐植の大切さに参ります。

[3]健康な土づくり&生態系の論理

投稿日:2009年10月25日 | カテゴリ: 障害対策

《健康な土づくり&生態系の論理と腐植の大切さ》 

第1、生態活用と・生態活用効果を生かしてとは。

生態は生態学(エコロジー)の生態で、植物と動物そして土中の微生物や小動物など、あらゆる生物の共存共栄の、バランスで成り立っているのです。
従いまして、有機物・微生物など天然素材を有効に活用し、環境を汚染しないで、直接・間接的に動植物や、人間を健康にする事です。


第2、これからは、環境保全型農業で、安全作物づくりです。

一刻でも早く、化学的に合成された肥料と農薬を減じて、天然のエネルギーと自然の生態系に従って、有機質と自然生態系に沿った【自然環境農法】(微生物応用)による健全栽培に戻し、健康な土づくりにより『安全で美味しい作物つくり』が重要であり一番早道では無いのでしょうか。


第3、作物にとって土づくりが、どうして大事なんだろうか。
 

土づくりをしっかり行った微生物豊富な土に伸びる植物の根は、無数の毛細根が発達し、よりいっそう微生物の餌と棲み処を提供し、それにより微生物が爆発的に増加するからです。


※(植物の根は、炭水化物、アミノ酸、有機酸などの老廃物を分泌しており植物の根の周囲に棲む微生物は、それらを求めて集まり餌とし分解してくれます。

そうなる事により、微生物の方もアミノ酸や核酸の塩基類を始め多種類のビタミン類を分泌しており、作物の根へ供給しているのです。

※(このように植物の根と微生物は共存共栄しているのです。)
【連作障害の軽減効果】
 
それが土づくりを怠り化学肥料の多用は、もともと火山性の酸性土壌だった日本の田畑を更に酸性化させているのです。
ほとんどの作物は、弱酸性から中性が生育しやすいと言われています。

※(pHは、5.0~6.5の範囲内が適正と言われます。)

 
土が極度に酸性化すると作物は、育ちにくくなり、さらに作物の成長に必要な必須元素の殆どが金属であるため溶け易くなり流亡してしまいます。その結果、毛細根の発達を阻害する事になり微生物もその棲み処も貧弱になります。


※(従って、根の貧弱な作物は乾燥や病害虫等にも弱く、花や実もつきが悪く、立ち枯れ、青枯れなども併発しやすくなるのです。)
【腐植・地力の低下】

よって、殺虫剤、殺菌剤等を多用しなくてはならなくなり、その結果病害虫の天敵までも減少してしまい、より一層病害虫が猛威を振るう事になってしまいます。


※(こうした悪循環を繰り返さないためにも、作物にとって健康な土づくりが、いかに重要であるかが伺い知る事ができます。)
【病虫害やセンチュウ等の軽減・回避】

[4]団粒構造とは

投稿日:2009年10月25日 | カテゴリ: 障害対策


第4、 どのような土づくりをしたら作物が良く育つのか。

【健康に作物が育つ良い土壌とは、】

土中有機未分解物・残渣物等の分解と微生物のアンバランスの修正、残留肥効の甦生(ヨミガエル)等の、作物の生育に必要な栄養成分のバランス的供給動態形成する事にあり、成育阻害要素(無機態窒素による障害・有機酸による障害・窒素飢餓による障害・フェノール性酸等による障害・寄生虫卵等による障害など)の発生要因である未熟物・未分解物等を微生物の分解、増殖で、土中分解機能で淘汰し、健全な育成土壌の構造「団粒構造」を形成する事であります。

【健全な育成土壌の構造を、団粒構造と申しますが 】

団粒構造とは、土の中にある小さな単位が団子になることです。

土の中には岩石鉱物や粘土、腐植や微生物など小さなものがあり、これらが電気的にプラス・マイナスで結ばれたり、菌の出す粘膜物質で糊付けされたりして、団子状に寄り合され、こうして一旦出来た団子が更に寄り合って大きな団子になります。

水にさらされても壊れにくく、1ミリ~5ミリになった団子を団粒と呼び、この団粒で出来た土を団粒構造化された土と言います。

団粒構造は、微生物や腐植の投入により、土中の微生物相の改善・土の団粒構造化が促進され、排水性・保水性・通気性などを備えた、良く肥えた理想的な土壌にする事なのです。

従って、土づくりの基本は、団粒構造を形成する事、作物の根が確りと張り、健全に生育が出来る、土壌環境を作る事に尽きます。


※(単粒・細粒構造の土壌を団粒構造の土壌へ作り変える事なのです。)
【土壌環境の整備】


堆肥や緑肥(有機物)を施した土の中には、微生物、ミミズ等のたくさんの生き物が棲み、いつも土を耕しています。

そして、ミミズ等の小動物の分泌物、作物の根から排出される分泌物【有害代謝産物】や、微生物からの分泌物、カビの菌糸などが土の粒子を団子状に結びつけて、団粒にするのです。


※(団粒の構造は、単粒よりも大きく凸凹が多く内部に小さな隙間を多く持って形成されます。)

これら大小の団子粒が組み合わさると、さまざまな空隙をもった通気性の良い土壌となり毛管水をしっかりと保持し【保水性】、土が乾くのを防ぐとともに、余分な水は短時間に排除【排水性】する機能を有します。


※(単粒の土の中の水は、晴天が続くと地表に移動しすぐに乾燥し、パサパサや固まりに、逆に多く水を含むと、トロトロになり通気性が悪くなり、根腐れなどを起こし易くなります。)

こうした空隙には細菌、放線菌、その他、さまざまな菌群が共存し、更に団粒化が進みます。


※(団粒化した土壌は、ふかふかで軟らかく、
保肥力も増し養分供給力も高くなります。)

その結果、雨水を蓄え日照りの時は、作物に水を与え、冷夏でも土の中は、温かく酸素を取り込みやすくなります。そして微生物などが放出する抗生物質、ホルモン、ビタミン類のおかげで病害虫や、天候不順時にも強い健全な作物ができるのです。【生理・天災障害の軽減】

第5、有機物(堆肥)施用の効果はどんな効果がえられますか。

様々な障害や生産コストが軽減され、増収にも繋がり安定した経営が望めます。


有機物とトーマスくんの連用により、腐植の増大、安定、維持は2~3年目頃より土中に有機態窒素、リン酸カリ等の成分が貯蓄され、土壌は団粒構造化が進み、腐植体と微生物群の共生が微量要素の備蓄成分の補給で保肥力も高まり、健康的な地力と肥沃な土壌の構造が形成されます。

※堆肥は、くれぐれもバランスよく配合した良質のものがお勧めです。

[5]炭素率(C/N比)とは

投稿日:2009年10月25日 | カテゴリ: 障害対策


第6、堆肥等の有機物を使用するときに注意する事ありますか。

まず、堆肥等の有機物を使用するには、かならずバランス良く配合する事です。
これは、良い有機土壌を形成し作物を健全に育てる為に、大変重要な事なのです。
そこで、炭素率を整えてと、良く耳にする言葉がありますが、人間で言う栄養バランスと理解して下さい。

【炭素率(C/N比)とは、】

有機物中の炭素(C)量を窒素(N)量で除したものです。
微生物は、エサの中の炭素のかなりの部分をエネルギー源として使い、残りは細胞の構成材料に使います。
もちろん窒素も使いますが、炭素100に対し15程でわずかです、窒素の多いエサ(アミノ酸や核酸)の時には窒素が余りものとして微生物細胞の外に出され、これが「窒素の無機化」です。

反対に窒素を含まないエサ(リグニンやセルロース等の繊維性の高い)の時には、窒素を外から補わければなりません、微生物はそれを土壌から取り込みます「窒素の有機化」です。

これを植物側から見ると、窒素を微生物に横取りされたことになり、これが「窒素飢餓」です、窒素飢餓は炭素率が30以上だと起こりやすいとされています。


何度も繰り返しますが、トーマスくん(アープ・トーマス・オルガ菌)は、土中での働き(分解)を正確に行ないますので、有機物等の投入には、「窒素飢餓」を起こさない様に組み合わせを確り行う事が作柄の良し悪し、改良効果の大小を決める重要なポイントになります。


第7、反面、化学肥料を多用すると作物は、なぜ病害虫に弱くなるのか

結果から言うと、病原菌及び害虫の数が増えるからなのです。 では、なぜ病原菌及び害虫が増えるのか?

※(化学肥料を多投すると、養分としては寄与するのですが、長期間の連用は土壌が痩せて来、作物の毛細根が発達しにくくなり、有用微生物が棲み処を奪われ数が減少する事により、微生物等の生態系のバランスが阻害されるからです。)

有用微生物が餌としている有機物(未分解物や残渣類)が余ってくるので、それを餌として病原菌の数が増えるのです。

※有用微生物、病原菌それぞれ同じように有機物を餌としているが病原菌よりも有用微生物の方が有機物を急速に利用する為、餌のない病原菌は、繁殖できなくなり、休眠状態に入り悪さをしなくなります
(拮抗作用)、その為に、土壌中には有用微生物が多い方が良い訳です。)

一方数が増えた病原菌は、害虫などが付けた傷口等から作物体内に侵入し、爆発的に増殖し病害症状が出てきた時には、手遅れで枯死してしまいます。
【病害虫等の障害軽減】

【病原菌についてはこのようなプロセスがあります?】
有用微生物の中には、キチナーゼやラミナリナーゼを生産するものがおり、(セルロース、キチンなどを分解する、菌体外酵素等)
昆虫の外殻はキチンで出来ており、キチナーゼはキチンを分解します。
その影響であるかは、研究段階ですが昆虫は、キチナーゼに対して人間が腐った牛乳を嫌うのと同じ反応を持っており、害虫等が寄り憎くなり軽減すると言われます。 【忌避効果】

※反面キチナーゼを生産する有用微生物の数が減少する事により害虫の数が増える事が言えます。

1 2 3 4 5 6 7 27

主力商品!

  • トーマスくん
  • 創美味4号
  • 創美味5号
  • 海藻源肥
  • バイオ・ガード
  • 超味源(5-4-1有機100%)