[4]収穫状態

投稿日:2008年3月20日 | カテゴリ: ETO菌の使用結果


前述のごとし、「作物にとって」生育環境や養分の吸収バランス、更に自然の恵みである光合成の吸収、そして微生物と作物の共存共生等により、高品質と増収をもたらしております。

作物や栽培条件(地域により多作による土壌老化・農薬化成肥料主体での栽培)に多少の違いはあるものの通常で10~50%、物により倍近い増収を結果として出ている作物もあります。

品質面(糖度・食味感・日持ち・形状面)でも栽培者から消費者まで喜んで頂いております。

 

類似するお薦めの記事:

タグ: ,