蔬菜類

蔬菜類:アスパラ栽培新植圃場の土壌改良から

投稿日:2008年7月16日 | 蔬菜類


画像表示

【栽培地】

栃木県河内郡上三川町地内 I 様圃場

【概要】

I様の用意した堆肥(籾殻の多い配合)に、10a当り(米ぬか150㎏・鶏糞200㎏・源肥15袋・ミネラルこんぶ8袋・土づくりの元8袋・トーマスくん10ℓ)を散布し散水してビニール養生して土壌改良と土づくりを行い定植した。
 

16年3月23日・基肥関係散布状態
3月29日・散布後散水しビニール養生状態
8月23日・新植後状況(土壌状態・生育バランス共に良好・根張りも深く真っ白な毛根が多い)
10月18日状況(健全にバランスの良い生育状況でした)
17年5月26日状況の栽培状態です。大変バランスの整った生育状態で、収穫品も甘味が有り筋も少なく最高品の良い物が多いとの事です。

蔬菜類:アスパラ新植状況

投稿日:2008年7月5日 | 蔬菜類


画像表示

【栽培地】

茨城県鉾田町造谷地内UK様圃場(撮影18年7月13日)

【概要】

当圃場はトーマスくん使用し3年間メロンを栽培していましたが、本年よりアスパラを50a栽培開始致しました。苗作りから始め御覧の通りです。定植は本年3月15日に定植した現在の状況です。
 

苗作りから自前で。
7月13日状況
7月13日状況
8月3日状況、収穫をしましたが美味しさはバッグンですよとの事です。
8月23日状況、ぼちぼち出荷致しております。
本年も直売所にて販売致しましたが、筋が少なく甘味があると、大変好評でした。初年度にこんな生育するとは思っても見ませんでしたが、前作のメロン栽培時に3年前からトーマスくんで土づくりを行なっていた結果が、根張りを良くしこんな結果につながったと感じております。

蔬菜類:アスパラ栽培(栃木県S様圃場)

投稿日:2008年6月21日 | 蔬菜類


画像表示

【栽培地】

栃木県上三川町 S様圃場

【概要】

新植2年目、基肥:豚堆肥10a当り3t目安、源肥:10袋、こんぶ:5、土づくりの元:5袋 トーマスくん8ℓと穂宝源4ℓ、農協資材:10袋、追肥:当社液体肥料にて。

1月20日状況
2月20日状況
3月18日状況(収穫:約700kg位)
3月25日:トーマスくん穂宝源各2ℓを潅水チューブ散布。

4月25日状況 (A圃場:定植2年目)          (B圃場:定植5年目)
5月29日状況(A圃場)              (B圃場)
4月21日等級率 秀 :88% 優 :11.7% 格外:0.30%
5月14日等級率 秀 :85% 優 :14.95% 格外:0.05%
6月3日収穫品ですが、筋が少なく甘味がありますね。沢山の方に試食して頂きましたが、美味しいの連発でした。
18年7月18日状況(岩手県より農業委員会視察)
18年11月27日紅葉状況

蔬菜類:アスパラ栽培(新潟県)

投稿日:2008年6月14日 | 蔬菜類


画像表示

【栽培地】

新潟県中魚沼郡津南町地内 撮影17年6月24日

【概要】

当地区は路地栽培が主ですが、トーマスくんを秋に10a当り5ℓ、雪解け後2ℓ散布、施肥は慣行より30%減らし栽培した。結果を栽培者にお尋ねしました所、生育状況は全体的にバランスが良くなり、樹勢もしっかりしていて大変良く、期待していますとの事でした。

蔬菜類:アスパラ栽培(栃木県)

投稿日:2008年5月25日 | 蔬菜類


画像表示

【栽培地】

栃木県河内郡上三川地内 Y様圃場 17年6月4日状況

【概要】

トーマス菌を使用した2年目圃場です、昨年は中途からでしたが反収3トン収穫出来30%以上の増収と農薬使用が激減しました。本作は初期から順調で今まで経験した事のない作柄状態ですし農薬も使用しないで済んでおります、本作は4tの収穫量を目指します。バイオさんの指導は今までとは違い作物の原理原則にのっとり納得すると同時に素晴らしい結果と私たちも栽培技術が向上した様な気がして楽しく仕事しております。

追肥等の施肥量は慣行栽培からですと70%位減らし、生育バランスの状態を見ながらにしておりますが、ご覧の通りです。春芽は約1t以上収穫出来たそうです。
秀品率85%以上だそうです
« 古い記事

主力商品!

  • トーマスくん
  • 創美味4号
  • 創美味5号
  • 海藻源肥
  • バイオ・ガード
  • 超味源(5-4-1有機100%)